スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学校の教科書について③
 今年度、中学校の教科書が改訂された。ゆとり教育の見直しなどということから、今の学習指導要領からは削除されてしまっていた、発展的内容の単元があらためて追加された。

 教育出版の数学の教科書を見てみると、ウラ表紙に
【発展】マークの付いているところは、中学校数学の学習指導要領に示されていない内容です。すべての生徒が、一律に学習するものではありません。」 と印刷されていた。

 これに少し違和感を感じたのは、自分だけじゃないと思う。なんか国(文部科学省?)の考えが、「こちらはミニマム・スタンダード示すから、最低それだけはやって、あとそれ以上はやりたい奴だけ勝手にやれよ。やりたくない奴は別にいいや。」というふうに感じてとれてしまった。
 発展的内容を取り扱うかは学校の裁量によるし、これでは学校現場に丸投げで、同一の地区の中の学校間にもがでてしまうのではないかと思う。

 ただそうは言っても、おそらくこの発展的内容は、学校の授業の中ではほとんど取り扱われることはないだろう。ただでさえ授業時間が少なくて、そこまで手が回らないはず。どうせ公立高校の入試には関係ないし…
 
 
  数学の主な発展的内容
「平行移動・回転移動・対称移動」「2つの円の位置関係」「正多面体」「球の体積と表面積」「投影図」「不等式」「立体の切断」「3つの項の展開,因数分解」「無理数」「2次方程式の解の公式」「ダイヤグラム」「三角形の重心」 など

 これらは前の学習指導要領のもとでは学習されていたが、現学習指導要領で削除された内容。ほとんど高校の学習単元に繰上げされている。
 
 いや~、本当に減ったなあ。教えるほうとしては楽にはなったけど。でもあまりにも教える内容が少なすぎて簡単すぎて、欲求不満になっちゃいそう。「もう少し難しい内容も教えたい!」っていつも心で叫んでる。でも「どうせ、入試に出ないんでしょ。」って言われると、まあ無理に説明するわけにもいかないし。そこいらへんの加減が非常に微妙…

 
 この発展的内容は、「やりたい奴だけやれ」ということなのだろう。でも人間って結局はラクしたい生き物だから、すすんで取り組もうというヒトは少ないんだろうな、きっと。


にほんブログ村 教育ブログへ  
スポンサーサイト

テーマ:中学校 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
文科省は各方面から学力低下をさんざつつかれデーターで実証もされたんで、やばいと思って削除単元を復活させたんでしょう。でもこれで子供たちの学力が元に戻ると思ったら大間違いですよね。
2006/05/16 (火) | URL | みけ #-[ 編集]
いつもコメントありがとうございます。

まあ何年後かには、学習指導要領がまた改訂されるんでしょうけど、現場はまた混乱するでしょうね。
2006/05/16 (火) | URL | sirius21 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。