スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「代名詞」がなくなった…
 え~っ、ひとまず秋田県公立高校入試のネタはまた後日ということで。今回は、昨年度中2の国語の授業をやっていて、あれ?って思ったことについて書かせていただきます。

 
 中2の国語では文法を学習します。特に苦手な生徒が多い品詞の分類という単元です。たとえば、これは名詞、これは動詞、これは形容詞というふうに見分けるという内容です。
 実は昨年度、新たに中学校の教科書が改訂されたわけなのですが、知らぬうちに「代名詞」がなくなっていました。唖然… (教科書は光村です。他の出版社がどうなのかは知りません)

 【ちなみに「代名詞」というのは "わたし・彼女・これ・そこ・あちら" のように人や物などを指し示す品詞である。】
 
 
 正確にいうとなくなったのではなく、「名詞」のなかの一つというふうに格下げになってしまいました。
 
 教科書が変わる前までは、品詞は、①名詞 ②代名詞 ③動詞 ④形容詞 ⑤形容動詞 ⑥副詞 ⑦連体詞 ⑧接続詞 ⑨感動詞 ⑩助動詞 ⑪助詞の11種類に大別されていました。

 それが「代名詞」が「名詞」のなかに入ってしまったため、今では品詞は10種類になってしまったのです。
 
 【「名詞」はさらに普通名詞,固有名詞,数詞,形式名詞,代名詞に分類されるということになりました。】

 
 確かに「代名詞」そのものはなくなってはいないんだけど、生徒にとってみれば品詞はとりあえずは10個なわけで。
 ずいぶん「代名詞」の存在がうすくなっちゃったなあ~。かわいそうな代名詞さん。
 

 別にそんなことどうでもいいじゃん、とおっしゃる方がおられるでしょうが、けっこう「代名詞」って大事だと思うんですけど…。なんで変えちゃったんだろう?
 
 たとえば、国語の文章問題で、「"それ"(代名詞)の指し示す内容を○○字以内で書け」なんて出題はよくあるんだけどなあ。

 あと英語にも代名詞はあるんで、その説明のときにも必要だし。けっこう英語の代名詞は重要だぞ。

 
 なくす意味がまったくわからん!

 
 とりあえず、以前使っていた品詞分類の練習用プリントは全面改訂しましたけどね。あ~手間がかかった。


にほんブログ村 教育ブログへ


 よろしければ以前の記事もご覧下さい。
  英語の辞書について①


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです!!(^o^)/
さぞや、教室運営がお忙しいことなんだろうと、
お待ちしておりました~、再開、おめでとうございます

国語では文法が重要で、日本人である限り、
文法をきちんと学んで、綺麗な日本語を使いたいものですが、
英語に関しては、実は、中学英語があまりにも文保をうるさく言い過ぎるので、子供たちがびびって、うまく英作文を作れないような気がするのです。

文法は、高校になって厳しくやればよいので、中学では、とにかくコミュニケーションとしての英語を学ばせたい、相手に意志が通じるのを目的とした語学を学ばせたいのですが~~~
でなくては、子供たちがどんどん英語を嫌いになっていくようで。。、、
試験も、今のwriting主体じゃなく、listening,speaking,さらに、talking主体にしていって、採点にも、attitudeをいれて・・・
初めて学ぶ外国語で意志が通じる喜びを感じて、そこから学ぼうという意欲を、引き出せると~
などと思う私は、正統派ではないようですね!(ノ_・。)

また、今夜も定期テストのために文法を日本語でしっかり教えなくてはならないのですね!!

すんません、話、それちゃったみたいで・・・・

わが塾の代名詞と言えば、男ばかりなので、
「あんた、おまえ、そいつ、こいつ・・・・」
と、実に、汚いなぁ・・・
って、これ、全部私が使ってるんだわ・・・(;´_`)トホホ

2007/04/10 (火) | URL | meimei #1JQD0tfs[ 編集]
お久しぶりです
再開していたんですね。
どうしたんだろうと気になっていました。
でもよかったです。

代名詞のことは、最近は中学生を教えていないので知りませんでした。
小学生専門とはいえ、中学生の教材も残してあるので、私も変更しておかないといけないなー。
先生のブログを見なかったら気がつかなかったところです。
ありがとうございました。

ところで、リンクしていただいていたのですね。
今日まで気づきませんでした。
申し訳ありませんでした。
早速リンクしておきます。
これからもよろしくお願いします。
2007/04/10 (火) | URL | 新しい窓1113 #Rw/ZwaGc[ 編集]
meimeiさん、さっそくの訪問&コメントありがとうございます。
ある意味、文法主体になるのは仕方ないですよね。
試験がそうなのだから。

日本では英語を、相手との意思疎通のための "ことば" として学んでいるというよりは、なんか "英語学" というのをやってるみたいですね。


新しい窓さん、おひさしぶりです。
復活です。
またがんばって(できるだけ)続けますので、今後ともごひいきに。
あっ、勝手にリンクしちゃいました。
リニューアルとともに、以前コメントをいただいた方全員、リンクさせていただいたわけです。ご了承を。
2007/04/10 (火) | URL | sirius21 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。