スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成19年度秋田県公立高校入試について②
 続きになっています。よろしかったら前回の記事「平成19年度秋田県公立高校入試①」からお読み下さい。

 
 平成19年度秋田県公立高校入試の平均点が、過去最低だった昨年度に比べさらに16.1点も低下し、最低記録を更新する255.6点であったことに対して、県側は「即、学力低下とは判断できない。特に内容が難しいわけではないので、中学校では総合的な能力を身に付ける指導が求められる」と述べている。
 
 
 まあどう判断しても、ゆとり教育がもたらしたこどもたちの学力低下が原因のひとつであるのは確かなのだが、さらに声を大にして言いたいのは、入試問題の傾向が今の教育現場での指導内容の実情に合っていないということだ。
 
 
 ゆとり教育で授業時間数が減り、果たして学校の授業の中だけで今回の入試問題に対応できるだけの力をつけさせてやれるものなのか?
「数学」の一次関数の問題・円と相似,三平方の定理の総合問題などは、ちょっと今の中学生には難しすぎるのではないか?学校の授業の中で時間を充分にとって扱えないような内容だし。
 数学は反復練習が大切な教科であるはずなのだが、この単元においては繰り返し問題演習する時間的余裕はほとんどないと思う。平均点が44.4点だぜ。ひどいもんだ。 
 
 
 理科・社会は基本語句を問う問題がほとんどなく、事柄について考察し記述させるような問題が多かった。指導現場では授業時間数の少なさから、新出重要語句の確認で終わってしまい、じっくり考えさせるという授業はほとんどできていないのが実情なのではないだろうか。
 
 
 まあそのかわり塾でやれということか、お上が言いたいのは。う~んやっぱ、どこの世界でも会議室と現場は大きな隔たりがあるんだよな。


 
 実は去年も同じことを書いているのだが、入試問題のスタイルが少しでも学校現場の指導内容に合ったものになってくれるよう、来年度の受験生のためにもほんとうに強く願っている。


 平成19年度秋田県公立高校入試問題はリンクしましたので、興味のある方はぜひご覧になってください。

つづく

にほんブログ村 教育ブログへ


 よろしければ以前の記事もご覧下さい。
平成18年度秋田県高校入試「英語」 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。