スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成18年度秋田県高校入試「英語」
 日本の英語教育の問題にもつながるのだが、かねてから中学・高校と何年間も英語を勉強しているのにもかかわらず、「英語を話すことができるようになれないではないか」という声が多い。これを受けて新学習指導要領ではスピーキングリスニングに比重をおき、事実教科書でもそれに関する内容も増え、授業の中でもより多くの時間を割くようになったということだ。
 
 そのかわり、ライティングリーディングを練習する時間が明らかに減った。そのせいもあって、日本文を英文に直す力,読解力などは以前と比べて格段に下がっていると感じられる。
 
 英語の入試問題がスピーキング・リスニングを主体とした内容なら、特に言うべきこともない。しかし現実に、リスニングの配点25点を除き、残りの75点分はライティング・リーディングの力をみる問題なのだから、学校での指導内容と試験問題の内容の方向がずれているといわざるをえない。
 
 教育委員会は特に英語の平均点が下がったことについて、「長文読解問題に~(中略)~受験生が十分に対応しきれなかったとみられる。」と分析している。
 長文読解問題には、学校の授業の中ではそれほど時間をかけることができないというのが現実だ。にもかかわらず、入試の難易度のレベルをあげて「これを学校の授業の大きな指針としてほしい」としている。
 
 英会話を重点的にやればいいの?それとも英訳・英文読解?学校現場ではけっこう戸惑っていることだろう。塾は入試対策で、ライティング・リーディングの練習はばっちりさせてやれるけどね。
 
 学習指導要領の改定には時間がかかるだろうから、入試問題のスタイルが少しでも学校現場の指導内容にあったものになってくれるよう、来年度の受験生のためにも強く願っている。
 
スポンサーサイト

テーマ:高校受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。 履歴から来ました♪

私は塾に勤めてマル10年になります。

ここ何年かの生徒の学力の急激な低下、パワーの無さ、
予測する能力の無さ、などなど・・・
最近考えさせられることが多くなってきましたね。

さらに、普通のことを普通にできない子が増えているのには
頭を抱えてしまいます。

つくづく思うのですが、生徒の実状、学校の授業、入試の傾向が
全く合致してませんよね~

英語に関しては、以前の方がずっとマシだったと思います!
会話は出来なくても、それなりに書いたり読んだりは
できてましたよね。個人差はあるでしょうけど・・・
それが今じゃ、なーんにも!ホントになーんにも出来ない子が
ウジャウジャいるわけですもんねぇ~
そもそも、週に2,3時間の会話の勉強(っぽいこと)を
やれば話せるようになる!と考えることに無理がありますよ。



塾は、完全に学校の授業を補完する場ではなくなりました!



うわゎ・・・初めてというのに愚痴ばかり。いけませんねぇ~(^^;
これだから、日に日に眉間のシワが深くなるんですぅ・・・


ではまたおじゃましまーす☆

2006/04/29 (土) | URL | かしこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。