スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学校 部活について②
 前回の続きで最近の中学校の部活はあまりにも過熱しすぎているという話題です。よろしければ 前回 の記事もお読み下さい。

 
 この時期、部活の練習が遅くまで行われるため、帰宅時間も遅くなり、塾としても開始時間を繰り下げたりして工夫しているが、それでもなお塾の授業の時間に間に合わなかったりする。また、「部活で疲れたから」という理由で欠席となってしまう生徒もでてくる。
 
 もちろん遅れても疲れてても、がんばって塾に来る子はいるんで、それはそれで感動することではあるけど…
 
 しかし、部活の練習がハードになるこの時期、授業で取り扱った内容があまり身に付いていない現実がある。一生懸命やろう覚えようとはしているのだが、疲れているせいか集中力もなく、あまり理解されていないような状態だ。結局は中総体終了後にはじめからもう一度やり直すことになったりするので、非常にこの時期がもったいないと感じる。まさに今は空白の期間になってしまっているのだ。

 
 部活の担当の先生の熱心なご指導には敬服する。朝練やって、そして夜遅くまで練習というのには、精神的にも鍛えるという意味もあるのだろう。担当する先生にとっても本当に長い時間の監督、大変だとは思う。一昔前のスポ根ものの学園ドラマあたりをイメージしてしまう。

 でも、現実はどうだろう。部活と勉強の両立ができる生徒はいいんだろうけど、実際はほとんどいないのではないか。みんな部活終わって帰宅したあとは、その日の復習をするまもなくバタン、キューという状態。

 こうまでくると言葉は悪いが、部活の指導者の先生方の自己満足に過ぎないような気がしてならない。今の状況を本当にわかっているのかなと思ってしまう。

 「今は昔と違うんです。この期間で勉強に遅れてしまってる子、たくさんいるんです。わかんなくなってる子、いっぱい います…

にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
長文コメント!
なが~~いアドバイスありがとうございました^^
すごく参考になりました。

>「今は昔と違うんです。この期間で勉強に遅れてしまってる子、たくさんいるんです。わかんなくなってる子、いっぱい います…」

私自身中学時代どっちもがんばってた(多分!)と思うし、社会にでて役立っているのは部活動のほうかな。。。なんて気もするんですが、なんせ成功した人生を送っているわけではないのでなんともいえませんね。
最近やっと自分の時と違う時代・・・ってことを身にしみて感じています。これからはできる子とできない子の差がでてくるのではないでしょうか?勝ち組や負け組とかいう言葉も流行ってますし、
貧富の格差なんて世相にも反映していますね。
でもでも私はあくまでも文武両道にこだわり、勉強だけでなく、部活動での心身の鍛錬もおろそかにしてほしくないと思ってます。
だからこそ自分自身(本人&親)が強い意志でがんばらないといけない時代なんでしょうねぇ。
がんばり方を間違えると大変ですが・・・


2006/06/27 (火) | URL | ile #-[ 編集]
こうは書いていますが、実はわたしも
「部活はがんばってほしいな」と思っている派です。

でも本当に勉強遅れている子を多く目の当たりにすると、
そうも言ってられないんじゃないかと…

今の子って昔ほど体力的にさらに精神的にも強くなくて、"勉強も部活も"という両立が難しいんですよ。

どのくらいやらせるかということを、まわりの大人が考えてやんなきゃと感じます。
2006/06/27 (火) | URL | sirius21 #-[ 編集]
はじめまして。
中1の息子がおりますが、うちは逆に本入部後一度も活動がない文化部で憤っております。(内申点目当てだけのやる気が無い子が多い)
何故運動部にしなかったのか・・・その理由の一つに「やりすぎ」がありました。
一日おきくらいのスポーツならやりたかったが、部活と勉強だけの毎日は嫌だと申しました。
暗くなる頃帰って来る運動部の子の姿を見る度ちょっぴり羨ましい気持ちになりますけどね。


2006/06/28 (水) | URL | pocohaha #RgX./Mr6[ 編集]
どこも同じなんだぁ
我中学の子たちも部活に追いまくられて、
月曜日から試験なのに、大会が近いからと、
直前土曜日まで、ハードな練習をさせるのです。

それで、勉強もがんばれと言うのは、
とても、かわいそうです。

部活の加熱振りには疑問を持つことが多いですが、
どこの中学でも、同じだったんですね~

って、それで、安心しちゃいけないですよね
2006/07/03 (月) | URL | meimei #1JQD0tfs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。