スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語の辞書について③
 前回,前々回の続きで、最近の中学生は辞書を引かない。それじゃあ電子辞書ならどうなのか? という話題です。よろしければ    の記事もお読み下さい。

 
 電子辞書の利点としては、なんといっても手軽でコンパクトなこと。持ち運びもラクだし、必要なときにあまり場所を選ばずにパッと調べることができる。もちろんふつうの辞書より引く時間が少なくてすむというのが、最近急速に普及している一番の要因であろう。さらに機種によってはネイティヴな発音を聴ける音声機能付きのやつもあるし、履歴機能もあって再検索するのに便利だったり、それ以外にいろんな機能があるらしい。(詳しくはこちらのサイトさんで 電子辞書NAVI )
 

 今の高校生は電子辞書を使っている子の割合がかなり多いとの事だが、中学生ではどうなのだろう。もちろんまだその割合は低いとは思う。だが中学入学と同時に買ってもらった、ふつうの英和辞典であっても使われることはほとんどなく、おそらく本棚でほこりをかぶっている状態ではないかと思う。
 だとすれば英語がキライでふつうの辞書を引きたがらない中学生でも、電子辞書があればケータイ感覚で使おう、調べようという気になるのではないかと考えてしまうのだ。
 
 
 今年高校に合格した英語嫌いだった子の実話だが、電子辞書を買ってもらったら、おもしろがって (最初だけかもしれないと思っていたが、ず~っと使いこなしている) わかんない単語があったらすぐ使って調べるようになったということだ。その子は中学生のときは普通の辞書はほとんど使ったことがなかったという。
 その後次第に英語に興味を持ち始め、歌の歌詞にでてくる英語を電子辞書で調べるようになり、そして徐々に英語も好きになっていったということだ。中学生のときよりも、確かに英語の成績も良くなったのである。
 
 電子辞書には一長一短あるだろうが、今の世代の子たちにとっては、もしかしたら普通の辞書よりも電子辞書のほうが合っているのではないかなどと考えさせられた出来事であった。

スポンサーサイト

テーマ:中学校 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
なるほど!
先生、わたしも電子辞書なるものを体験してみたいと思います。
それから、またコメント書かせてもらいます。
2006/06/08 (木) | URL | エース塾長 #-[ 編集]
パートナーが国語です。
で、彼に話をふってみました。
すると「国語においては電子辞書は是か非かといわれると
非だな、まず、用例が電子辞書では載っていない。」
とのこと。
高校生のほとんどが電子辞書を持っているらしい。
が、授業中など落としたりして破損が頻繁だそう。
結局買いなおしたり修理したりすることで結構な費用になるらしいです。
「そんなにお金をかけるなら辞書を学校用と自宅用の2冊持つほうが安くつく」
身近に辞書があることで調べる習慣がつくんじゃないかな~
と話しているときに思いました。
もうひとつ。
今日、中学生に30語程度のスピーチを作らせました。
実は前日に1時間とっていたのですが、全く手もつけられない
子達がいたので、プレゼン評価をALTに任せてそういう子たちの
作文の手伝いをしていました。
とはいっても一人で何人もは無理です。
そんな状況でなかなかやろうとしない子が私の横に来て
辞書を読み始めました。
「あれば全然英語をやろうとしない子でも辞書を持ってみるんだ。」といまさらながら気づきました。

なのでまずは「辞書」が身近にあることが一番ではないでしょうか。
ただ電子辞書に用例がすべて載っているのかな?と疑問に思っているので紙の辞書がいいんじゃないかな~挿絵もあるし。
と思います。

長文、駄文で申し訳ありません。
2006/06/08 (木) | URL | Meg #-[ 編集]
操作の楽しさはあるけれど。
ブログの履歴からお邪魔します。

画面が小さいのでスクロールして用例まで全部読まないかもしれません。
そうなると、教科書のうしろと50歩100歩かも。
むずかしいですね。
辞書の最初の訳語だけ1対1対応で覚えると、英語と日本語でズレが生じてしまうし、基本的な単語ほどズレが大きいので、そちらを危惧します。

私はかつて電子辞書大好きで(爆)、電子辞書を片手に電車でペーパーバックを読んでいました。いつまでたっても辞書ばなれが進まず、かえって依存度が高くなるばかりでした。この姿ダサい、なんだか求めている姿と違うと思っていた頃に『快読!100万語』という本で多読と出会いました。辞書を引かずにやさしいものから読んでいって、head は頭じゃない、crimb は登るじゃない、など「発見」しました。

多読をしている中2のなかには、ハリーポッターやチョコレート工場を原書で読んでいる子どもたちもいます。今までの常識では考えられないことが起きています。

電子辞書か紙の辞書か、という話題なのに、「そもそも辞書はいらない」、と話の腰にドロップキックをかけてしまいました。
長文失礼いたしました。
2006/06/09 (金) | URL | Julie #bGcP5udY[ 編集]
いろいろコメントありがとうございます。

自分でもこの記事を書いていて、いろいろ考えさせられました。
難しい問題だとも思いました。

機会があれば、またいずれ…

今後ともよろしくお願いします。

2006/06/09 (金) | URL | sirius21 #-[ 編集]
昨日、中学生70名ほどにアンケートをとってみました。
(手を上げてもらっただけですが。)
無回答が半数。
残りの半数もほぼ全員が「電子辞書」派。
興味がもてればどっちでもいいのかな~と思ってしまいました。
2006/06/10 (土) | URL | Meg #-[ 編集]
Megさん、ありがとうございます。

うちの塾生ではほぼ全員が、紙の辞書はほとんど使ったことがないという結果でした。

学校の授業では使用しないし、それと教科書の勉強だけでは出てくる単語が少なすぎて、使う必要がありませんからね。

昔ながらの英語学習の最善の方法として、ふつうの辞書を使わせることを強く勧めればいいのか、ホントに悩んでしまいます。

2006/06/10 (土) | URL | sirius21 #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして。進学塾の講師をしている者です。
こちらのブログは大変興味深いものですね。また立ち寄らせていただきます。
なお私は現在「受験勉強相談室」http://www.purple.dti.ne.jp/jukensoudan/という中学受験・高校受験・大学受験の効果的な受験勉強法や有益な受験情報をまとめたサイトを運営しています。今までの受験指導経験をもとに、どうすれば第一志望校合格という夢が叶えられるかを書きました。学校の成績を確実に上げる方法やお奨めの参考書・問題集の紹介もあります。また9月以降、無料のインターネット授業も運営していこうと考えています。もしよろしければ、ぜひお立ち寄り下さい!!お待ちしております!!
2006/06/20 (火) | URL | buchiyamato #-[ 編集]
昔は、「辞書を使っただけ単語を覚える」とか言われていますが、今は「キーボードを叩いただけ単語を覚える」という時代になったのかな?

電子辞書のよさは、その利便性ですよね。ペーパーだと、見つけるのに苦労するけど、電子の方はスペルの入力だけで、一発で意味がでてくる。

僕はアメリカにいて、周りのひとは電子辞書を使っていました。でも、僕はなぜか、愛着のわいた、ジーニアスの紙辞書が手放せません(未だに使っています)。使用感と愛着から電子辞書を使わないのかな、と思ったりもします。

「英語」を単なる受験科目ととらえるならば、市販の単語帳をの単語を暗記して、あとはわからない単語の類推法を教えるのがいいと思います(自分もそうならいました)。というのは、辞書に頼りすぎると、今度は試験問題を解くときに、「辞書がないと解けない」ということになりうるからです。

でも、語学で「英語」を勉強するなら、辞書は必須ですね。
長文ですみません。
僕もブログを作っています。秋田つながりで、リンクさせていただいてよろしいでしょうか?よろしくお願いします。
2006/06/21 (水) | URL | 高校教師@コロラド #GgfpKatA[ 編集]
色付きの文字初めまして、
私も、小さな塾で、何とか働かせてもらってます。

今の子は電子辞書でも結局、スクロールして、別の意味や用法を、知ろう、調べようとはしませんね。
それでも、開くだけいいほう、、
ほとんどが、教科書の後ろの意味だけを鵜呑みにして、

ペンを机の天板の裏にわざと貼り付けて、
on the desk」にあるよ、と言うと、
『うそだ~~under the deskだ~~』と叫ぶ始末。
はがして、下に落として、
「はい、under the desk」と言っても、「???」
on」の反対はみな、「under」と答え、
「じゃぁ「overは?」「off」の反対は?」
?????
forは?」と問えば、声をそろえて
『~のために~」
「じゃぁ、駅で”For Tokyo"って、あれは?」
?????

辞書を引けば、いやでもそのページが眼に飛び込んで、
右脳に焼きつくじゃないですか~~?!

そのとき、
「あ~~こんな意味もあるんだ、こんな使い方もあるんだ~」って
発見できる喜びもあると思うんですよね。

1年生は塾から入学祝で送った辞書を、今はまだ、
その感動を持ちながら、引いてくれるのですが、(゚ー゚☆
2年生以上はまるで、だめ、
結局時間がないんですね。
他にもやらなきゃいけないこといっぱいで、
電子辞書すら引く時間がない・・・

これでは、ゆとり教育とは、ほど遠いですね・・・(; ;)。。。

長々と失礼しました。
またおじゃまさせてくださいね。
2006/06/21 (水) | URL | meimei #1JQD0tfs[ 編集]
コロラドさん meimeiさん コメントありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。
2006/06/24 (土) | URL | sirius21 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。