スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語の辞書について②
 前回の続きで、最近の中学生は辞書を引かないという話題です。よろしければ 前回の記事 もお読み下さい。

 
 英語を学習する上でわからない単語の意味を調べるときは、手間隙かけて辞書を引いたほうが、より記憶にも残るし、その語の別の用法なんかも同時に見れたりするから、それが当然正しい英語学習のやり方だと長い間ずっと思っていた。
 
 だがこれだけパソコンやケータイなどの電子ツールが身近にある今の子供たちにとって、辞書を引いて調べるという行為が、英語(あるいはその他の語学でも)を学習する上で、はたして最善の方法なのかとも思い始めている。そしてこれは古い世代の間違った固定観念なのかもしれないとも感じだしている。決して押し付けてはいけない。その子にとって何が一番いい方法なのか、まだわからないのだから。

 
 辞書をひくという作業には、それなりの時間もかかる。その時間を利用して、その単語を何回か書いて練習したほうが、覚えるのに効率的なんじゃないかという意見もでてくる。その時間的ロスは調べる語が多いほど深刻な問題になってくる。
 しかも英語が苦手な子にとっては、辞書を引くという作業はある意味、苦痛なものになってしまう場合もあるのではないだろうか?

   
  英語が苦手な子の場合

① 家で英語の勉強をしていて意味のわからない単語が出てくる。

② 辞書を使って調べようとするが、時間がかかりすぎてだんだん面倒になってくる。

③ がんばって続けるが、辞書を使うたびに長い時間、問題から目を離してしまうので、どこまでやったかわからなくなりだんだんイライラしてくる。

④ 夜遅くなりそのうち寝る時間になったりして、途中でやめてしまう。

⑤ ますます英語がわかんなくなりキライになる。

   このようなことが現実にあるのかも知れない。

 
 今この時代、わからないことを調べるのに、インターネットで検索すれば一発で出てくるのに、わざわざ図書館に行って分厚い百科事典なんかを開こうとする子は、一体どれほどいるのだろうか?時代に逆行しているんじゃないかとも思う。

 
 辞書をひいて苦労すれば、それだけ覚えられるなどという考えは、学生のころインターネットなどというような電子ツールが存在していなかった、古い世代の人間の間違った固定観念で、今の子供たちにとっては必ずしも有効な方法ではなくなっているのではないか?

 
 電子辞書、高校生にとってはもうすでに必携みたいになっている。高校あたりだと、出てくる単語の量が中学校とはくらべものにならないから、英語をしっかりやっている子は普通の辞書を使いつつ、電子辞書も併用したりするという形がほとんどだろう。
 
 中学生はどうなのだろう?普通の辞書はメンドくさいといって、使うのに強く抵抗を示す。じゃあ、電子辞書だったら調べるのか?今の中学生はパソコン,ケータイなどの電子ツールなんかは自由自在に使いこなし、慣れてもいるだろうから、もしかしたら電子辞書のほうが適しているのではないか?とも考えてしまう今日この頃である。

にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 今日の記事に何かご意見,ご感想のある方は、ぜひコメントをお願いします。

 今回このような記事になりましたが、わたし自身は、やはり辞書をひいて少しずつ覚えていった古い人間ですので、このやり方は捨て切れません。ただ、あまりにも普通の辞書を使いたがらない子供たちが増え、このようなことを考えるようになりました。
 
 今の時代の中学生(あるいは高校生でも)にはどのような方法がいいのか、いろいろ模索しています。 
 
 次回は電子辞書について書くつもりです。次回もよろしくお願いします。
2006/06/06 (火) | URL | sirius21 #-[ 編集]
はじめまして。
辞書に関する記事を探してお邪魔させていただきました。
軽くて小さく、持ち歩きやすいから、いつでもどこでも調べられる。それが電子辞書です!
電子辞書の総合リンク集を開設しました。よろしければ一度遊びに来てくださいね。
2006/06/06 (火) | URL | 電子辞書NAVI #-[ 編集]
電子辞書って使ったことないんですよね。
私が学生のときはまだ存在してなかったような・・・
実は見たことも触ったこともないんですね、いまだに。
(↑時代遅れチャンピオンですe-364

高校のころの英語の予習はとにかく大変でした(涙)
進学校だったので、教科書はサラ~ッと終わり
受験版みたいなサブテキストがメインだったりして。
(↑全然サブじゃないしe-282
ということは知らない単語だらけ!
次の授業がどこまで進むか予想しながらの単語調べは
毎日かる~く2時間ほどかかってましたv-406
ただ、その2時間で4時間分くらいの勉強ができていたような
気もします。
辞書だとなんやかんや書いてあるので、芋づる式に
アレもコレもと調べたくなっちゃって・・・
電子辞書でもそういうことってあるんでしょうかねぇ?
すんまっせん、電子辞書を知らないもので・・・(・_。)ズリッ

なんとなく
普通の辞書の方が中身が濃いような気がするんですけどね。
時間がかかる、というか時間をかけるのも大事じゃないかな。。。

とか言いつつ、電子辞書を知ってしまったら
「これって便利~♪」なんて突っ走る可能性もあります。\(--;)

2006/06/06 (火) | URL | ソープなかしこ #-[ 編集]
すみません、実は私も電子辞書を使ったことがない人間なものですから、この件についてコメントする資格はないのかもしれませんが・・・。おそらく、電子辞書は便利なんでしょうね。ただ、こと学習に関しては、便利なものは注意して使ったほうがいいと思います。手間ひまかけてすることの効用ってなかなか大きいと思うのですが・・・。
2006/06/06 (火) | URL | エース塾長 #-[ 編集]
実は私も電子辞書を持っているわけではありません。

ただ高校生の塾生のやつを見せてもらったりして、その便利さ,手軽さに、これだけ浸透しているのもなるほど、とうなづけました。

英語に拒否反応示している子たちにとっては、辞書をひくという行為そのものが苦痛かもしれないし(その子にしかその気持ちがわからない)、とりあえずのとっかかりの道具としては、電子辞書で慣れてもらうという意味で、アリなんじゃないかなとも思っています。
2006/06/06 (火) | URL | sirius21 #-[ 編集]
更新のご連絡有難う御座います♪
今回の記事ではさらに具体的な例があって分かりやすかったです。

>高校生にとってはもうすでに必携みたいになっている
という点から考えてもやはり必要なものになっているのですね…。
併用をする学生が多いというのは興味深いです。
結局どちらも重要になるのでしたら、
やはり双方の利便性を活かして勉強してもらえれば、
それはそれでよい勉強法なのかなと思います。

私自身はまだ学生時代を経て何年も経ってないのですが、
辞書を使ってこそ!なんて固定観念がある事の方が問題なのかもと自分に疑問を持ってしまいました(笑
2006/06/06 (火) | URL | おウニ様 #-[ 編集]
記憶という点からいっても
先生もご存じかと思いますが、ボクも何かの動作をしながら憶えるとより記憶として定着するという記事を読んだことがあります。(動態記憶でしたっけ)今日なんか生徒に教室内を歩き回らせて憶えさせました。理論的には辞書引きという手の動作に効果があるはずなんですが、このスピード&多情報時代、そんな悠長なことを言ってられないんでしょうね。
2006/06/08 (木) | URL | みけせんせい #-[ 編集]
今の子たちって、英語の単語にかぎらず、
わかんないことがあったらなんでも、
すぐインターネットで調べようとするんですよ。

確かにラクなんだけど…

そういう背景もあって、「手間隙かけて、苦労して!」
なんてダサイことはしたがらないんですよねえ。



2006/06/08 (木) | URL | sirius21 #-[ 編集]
手間をかける大切さ
すぐに答えを求めたがるのはよい傾向ではありません。あれこれ試して答えを出す(調べてみる)事が求められていると思います。それが血肉になるのですから、辞書引きだけに絞るのがよいと思います。社会人になってから電子辞書を自腹で買えばよいのです。
2006/12/12 (火) | URL | tectec #gDjXLJVA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。