スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学生の計算力について
 子供たちの学力低下が叫ばれて久しいが、塾講師である私が、その中でも一番由々しき事態と感じていることについて述べさせてもらう。中学生なのだが、何年か前と比べると、確実に、計算問題を解く力が低下している。もっと詳しく言えば、ひっ算がいらないような簡単な計算で、瞬時に答えを出す暗算力といったものが著しく劣ってきていると感じられる。

 
 例えば一次方程式で 40X-17=26X+39 移項して 40X-26X=39+17
このとき "40-26=" "39+17=" をひっ算を使って出そうとする子が目についてしまうのだ。もちろんこのような子はそれほど多くはないが、やはりスピードといった点ではその時間的ロスは大きい。数学のテストなどでは、時間制限もあるのだから、こうした簡単な計算の暗算力がないとそれだけ不利になってしまう。

 それ以外にも三角形の内角の和が180°であることから残り一角を求める問題。式が "180-115=" これぐらいでひっ算を使われてしまうと、ちょっとがっかりしてしまう。(もちろん答えが合っていたときには「よく出来た!」と顔で笑って、心で泣いて…)

 あとよくびっくりするのは"152×10=" "2700÷100="という計算をひっ算でやろうとするとき。かえってひっ算の方が0の数ありすぎてややこしくないのか?ここまでくると10進法の概念が理解されているかどうか怪しくなってくる。これはいずれも中学生の話なのだ。

 中3年生は今ちょうど因数分解のところを学習し終わったあたりだと思う。
① 2+5X-14= (X+7)(X-2)  ② 2-10X-24= (X+2)(X-12) このようなやつ。
それにしても答えを出すのが遅い。瞬間的にパッと出ない。何年か前なんかは20問ぐらいの問題なんか数学苦手な子でも2分もあれば全部出来てたのに、根気や集中力が無いせいもあるけど、今は5分以上かかってしまう子も多い。

 これは、私に限らず、長いこと塾講師に従事している方や、もちろん学校の先生方などは痛切に感じていらっしゃることではないだろうか。

 
 計算問題を速く正確に解くには、反復練習以外の方法はないと思う。小学校の低学年時から、1日10問でもいいから毎日継続して計算練習をする習慣を身につけさせてもらいたい。小学生のお子さんをお持ちの保護者の方にお願いしたいことだ。学校の授業時間内だけでは絶対に足りない。100点満点取ってるから大丈夫ではなく、(小学校のテストはだれでも満点取れるように出来てるんで) 出来る問題も繰り返しやらせ、学校では取り扱わないかもしれない発展的な内容の計算なんかもチャレンジさせてほしい。
 
 
 これを書くにあたってあらためて知ったことだが、(うちの塾には小学生がいないもので) 今の小学生は3けたのかけ算とか、4けたのたし算とかは発展的内容になってるんで、特別時間がなければやらないんだということ。それ以外にもやらないらしい内容がいっぱいあった。
 そりゃあ、計算力は下がるわな!小学校のツケが中学校にというわけだ。そして高校、大学へと… 日本の未来はどうなる?
スポンサーサイト

テーマ:学力低下 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
おはようございます♪

います、います!うちにもわんさかいますよ!!
居眠りしてるんじゃないか、と疑うほど計算が遅いです。
以前、入試直前の3年生に個別で対応していて
90÷2をひっ算でやられたときには
チカラが抜けてしまいましたe-263

とにもかくにも訓練が足りないんですよね・・・
まぁ先生にもよるでしょうけど。
上の子が小学校に入学してすぐの算数(計算)の宿題は
なんとっ!毎日100問でしたe-282
これには私もビビりましたね・・・ (゚O゚;)ス、スゴイ

塾のほうでたくさん練習させたいのはもちろんですが、
やはり時間に限りがありますからね~
小学校の6年間に
もっと子どもたちを鍛えておいてほしいですよね!
英語だって“英語遊び”じゃなくて、
三単現の前くらいまでは教えていいんじゃないの、と思います。
地理だって都道府県名とか世界の主要な国ぐらいでいいから
きちんと覚えさせておいてもらえれば・・・

2006/05/30 (火) | URL | ソープなかしこ #-[ 編集]
はじめまして
こんにちわ。
履歴からやってまいりました。
熱い語りに思わず( ̄  ̄) (_ _)うんうんってうなづきながら読んでました^^
学校のあの授業じゃ学力低下も不思議じゃないですね。
こどもにとっては好都合かもしれませんが、将来どうなる?
伸びる芽もつぶしてしまいかねませんよね。
息子を小学校のときほったらかし(学校ONLYの教育)にしてしまったこと後悔してます。
ま、学校より塾より大事なのは本人のやる気なんでしょうけどね。
そのためには親もがんばらないと。。。
またいろいろ相談のってください。




2006/05/30 (火) | URL | ile #-[ 編集]
うちは授業の最初は毎回必ず項目別の10分計算タイムトライアル。学年を掘り下げてやります。中学生なら「-5-7」とか「一次方程式」ははずせません。
それと、「a÷b×c」と「a×b÷c」も分数化した時に上下があやしくなるので必ず確認してから行います。
2006/05/30 (火) | URL | みけせんせい #-[ 編集]
いつもコメントありがとうございます。

なんか書いてるうちにどんどんテンションがあがって、
つい熱くなりすぎてしまいます。(反省)

文句言ってるだけじゃなく、対策のほうもガンバらないと!
2006/05/30 (火) | URL | sirius21 #-[ 編集]
先生のご意見に、本当に同感です。
うちは、中学生しかいませんが、数年前、百ます計算を授業中やりましたが、他の勉強時間が足らなくなり、結局断念しました。
小学校の間に、たっぷり計算練習をしておくことは非常に大切だと思います。
2006/05/30 (火) | URL | エース塾長 #-[ 編集]
熱く語る…代弁ありがと~。

塾依存教育 日本の将来をちゃんと考えてるんかな?(^◇^;)
2006/05/31 (水) | URL | プロデュースふうか #-[ 編集]
上原先生、いつもどうもありがとうございます。

確かに、簡単な小学校程度の計算練習に
時間をかけたいのはやまやまなんですが、
塾のほうでもそういう時間なかなかありませんよね。

今、学校で習ってる単元のトコなんかもやんなきゃいけないし…

う~ん。
子供たちの学力低下を阻止するには、まず小学校のうちからですね。

なんか、ぜひ小学生も指導したくなってきました。e-269




2006/05/31 (水) | URL | sirius21 #-[ 編集]
 まさに、同感です。
 学校の授業時間が少ないので、どうしても基本計算の練習量が不足してますよね。
 だからなのか、平気で4/6とかいう答えを出す子も多いですよね。約分や有理化など、これは出来る/出来ないiパターンを見分けるのは、やっぱり練習量しかないですからね。
 そのせいか、うちの教室では、小学生の方が中学生より圧倒的に計算が早く逆転現象が起こっています・・・
2006/06/10 (土) | URL | ラキアス #HX8EHCgA[ 編集]
ラキアスさんありがとうございます。

小学生の方が計算が速いというのは驚きですね。
まさに、センセイの教室でたくさん計算練習させられた結果でしょう。

中学生になってからでは、基本の計算を練習させるのは時間的にも厳しいですよね。中学校の内容もやんなきゃなんないし。

やっぱり小学生のうちからしっかりやっておかないと、中学校で取り戻すのはたいへんですね。

2006/06/10 (土) | URL | sirius21 #-[ 編集]
はじめまして、松と申します。中1(公立)の息子がいて、小6の2月から先取りとして中1チャートをやらせています。それで初めて子供の数学と向き合う様になったのですが・・・やはり計算力不足は当初(小6時)から感じていました。簡単な計算でも不安なんでしょうか、筆算に頼るんですよ。こりゃぁ・・・いかんと百マス計算と「未来を切り開く~」の割り算問題(ABCと3タイプある)を毎日飽きない様にやらせています。現在チャートは2回目を終わりつつありますが、5ヶ月たってもまだまだ計算力の弱さを感じます。小4~5で気付けば良かったんですが・・・ 妹達には百マスをやらせてます。
2006/06/30 (金) | URL | 松 #81/lD5GQ[ 編集]
松さん、はじめまして。

今本当に学校では、計算練習を充分やらせる時間が足りないんですよ。ゆとり教育ってやつで。

このことにあまり危機感を感じず、こどもの学力をけっこう学校任せにしている保護者のかたも多いのです。

松さんみたいにご家庭で、保護者のかたがサポートしてあげてくれていたら、今のような大変な事態にならなくて済んだのにと思います。

根気がいるご指導だと思いますが、必ず今後にプラスになりますので、継続してがんばってくださることを願っております。
2006/06/30 (金) | URL | sirius21 #-[ 編集]
RESありがとうございます。松です。

当方が暮らしている地域は、過疎化が進んでしまった所で、長男が通っていた小学校は一学年5人程度という特殊な環境でした(妹達も同様です)。
当然授業も個人授業化しており、毎年中学(一学年150人位)ではこの小学校の卒業生が常に上位に君臨している事より、計算力不足など夢にも考えていなかったのでこの子供の状況は意外でした。他校から転任されて来た先生は、この小学校の宿題の多さ(伝統的です)に一様に驚かれる様ですが、それでも長男を見る限り押して知るべしです。
子供に聞くと、どうも先輩(2年生以上)達には数学2~30点なんていう人がざらにいる様子です。私の世代では、地方の中学とは言え、30年以上前のカリキュラムの中でもそんな現象はなかった様に記憶しています。出来ないといっても50~60点は取ってました。数学(算数?)の上下二極化は、sirius21さんはじめ現場の教育者の方々には、以前から当たり前の事なのかも知れませんが、親達にはそんな意識無いです(私の場合は過去形ですが・・・^^;)。
やはりカリキュラム自体に問題があるのかも知れませんね。今度PTAの飲み会でもあった時、先生方にどう考えておられるのか聞いてみようと思っています。

学力低下に対する様々な切口のご意見、大変興味深く読ませて頂いております。ご活躍楽しみにしています。
2006/07/01 (土) | URL | 松 #81/lD5GQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。