スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学校の教科書について④
 今年度中学校の教科書が改訂された。それにともない旧学習指導要領で学習されていたものが、ゆとり教育の見直しなどということから、いくつか発展的内容として新たに追加されることとなった。
 
 東京書籍の理科の教科書では
【発展】マークの付いているところは「学習指導要領に示されていない内容で、必要に応じて学習するものです。」という説明があった。

 
 発展的内容としてとりあげられたものをいくつか列挙してみた。

1分野
・重力と質量(月面上と地球上でのちがい)
・力の大きさとばねののび(比例のグラフ)
・2力の合力(作図)  ・水圧と浮力  ・密度の計算
・溶液の濃度  ・昇華(気体⇔固体)
・電力と電力量(ワット,ジュール)  ・直流と交流
・電流の流れと自由電子  ・陰極線  ・イオン(電離,電解質)
・落下運動  ・作用,反作用の法則  ・仕事とエネルギー

2分野
・種子をつくらない植物(シダ植物,コケ植物,藻類)
・心臓のつくり(心房,心室)  ・肺の動き方(ろっ骨,横隔膜)
・進化(水中から陸上へ)  ・無セキツイ動物
・日本の天気(天気図をもとに梅雨,台風,冬の天気をみる)
・遺伝の規則性(優性遺伝と劣性遺伝について)


 これらの発展的内容を学習するかどうかは、学校の状況にゆだねられている。ただ必修ではないので、高校入試に出題されることはない。学校の授業時間数も少ないことから、ほとんど取り扱われることはないと思う。


 学習内容が3割削減された前回の学習指導要領改訂時も、あまりの減少量にかなり驚き、そして子どもたちの学力低下への不安を感じた。
 今回こうしてもう一度振り返ってみると、わかってはいたことだが、本当にかなりの単元が削除されたんだなとあらためて驚いている。少し大げさかもしれないが、日本の将来は大丈夫かという気持ちになってくる。

 
「今の中学生はフレミングの左手の法則もやりません。電力発熱量を求めるワットやジュール,カロリーの計算もありません。仕事仕事率を求める問題もやりません。わかりづらかったイオンもありません。水の圧力浮力の問題もけっこう難しかったですよね。」
 中学校のとき理科で苦労した人なら、思い出していただけると思う。

 
 これらの発展的内容が、今年度、どのような取り扱われ方をするのか注意して見守っていきたい。



にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:学力低下 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
先生、おはようございます。
コメントありがとうございました。
今回、発展的内容としてかなり戻っていますが、入試に出ないということでは意味がないと思います。
どうして、文部省は潔く削減したのは間違いだった・・と完全復活させないのでしょうか。
2006/05/18 (木) | URL | エース塾長 #-[ 編集]
そうですね。

ただ発展的内容を完全復活させるには、現実に授業時間数も足りないだろうし、
そのためには学校の週休2日制というのも見直さなければならなくなる…

もうあともどりは、できないのでしょうね。

2006/05/18 (木) | URL | sirius21 #-[ 編集]
啓林館の数学は
発展的記述を、適所に織り込んだ教科書と、巻末に付録のようにつけているのと2種類作成しています。後者の教科書を採択した地区は学校で発展的記述を教えないことが見え見えなんです。こまったもんです。
こと算数と数学については今の教科書では基礎学力は絶対につきません。例えば分数に関して言えば、今の小学校5年生は昔の小学校3年生レベルのことをやっているんです。そのくせ、6年生になると通分の必要な分数のたし算ひき算と分数のかけ算ひき算を学ばなければいけません。ゆとり教育なのに全くゆとりがありません。詳しくは「教育のホントがよくわかる本」に書いてありますので、良かったら読んでみてください。
2006/05/21 (日) | URL | 教心ネット #-[ 編集]
こんにちわ。通りすがりの大学生です。
小学校から中学校まで理科だけが得意だった自分にとってはショックな内容の記事でした。
フレミングの左手も教えてないんだ・・・親指から「ウン・チガ・デン」とかいって覚えたのがなつかしい。

数学にまともに興味が出たのは高専に入ってからですね。
高専で教わった数学には神秘的なものを感じて、面白くなってきました。

数学も理科も内容減らすと学問の神秘さを感じる部分が少なくなりますね。
2006/05/21 (日) | URL | ひろぽん #7MHNXts2[ 編集]
国語科では…
通りすがりの休業中教員です。
本校の学区では教科書会社を変更したため、1・2年生と3年生の教科書が違うという楽しい事態が発生しました。
国語の教科書は会社によって全然違うため、教材研究の一からやりなおし…を喜ぶ人、困る人、どうでもいい人…
教科書を教えている先生と教科書で教えている先生の違いが明確に出てくるのでしょうねぇ。
2006/05/22 (月) | URL | ぱんだ伯爵 #uaIRrcRw[ 編集]
先生方は、土曜日も授業をされていたときの方が気持ちに余裕があったのではないでしょうか。しっかり教えたい気持ちと時数の都合で無理な現実と板挟みになっておられると思います。
技能系の教科の先生方は、授業数減の割合が半端ではなく、相当苦労されているようですね。図工の時間が小学校高学年で大幅に減らされているのは大問題ですよ。ましてや、これらの大切な教科を選択にするという、とんでもないことを見聞きするにつけ、脂汗がにじみ出ます。
2006/12/10 (日) | URL | tectec #gDjXLJVA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。