スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学力低下の現実③
 前回、前々回と学力低下についての記事を書いた。これは学力的に真ん中より下の子のほうの様子を見て、計算力や読解力が著しく劣っているという子どもたちが、ここ数年特に増えているという例をあげたものである。
 しかし今私が一番重大な問題であると気にかけているのは、もっと別のところにあるのである。  

 
 現行のゆとり教育は、学力的に下の生徒ができるだけ遅れないようなカリキュラムになっている。成績のいい子や理解度の速い子やもっと学びたいという子には、十分な対応がされているとはいえない。
 もちろん教科書には発展的内容があるのだが、必修ではないので学校の裁量に任されている状態だ。人間は本来ラクをしたい生き物だから、高校入試に出題されないとわかっている内容を、今の打算的な子どもたちが自らすすんでやるとは思えない。

 成績上位の子たちへのフォローがきちんとされてないから、それ以上新しいことを学ぶことをやめてしまって、さらに次のステップに上ろうという意欲が失われているのだ。現状ですでに妥協してしまっている、成績のイイ子がなんと多いことか。
 
 ここ数年「この子できるな。」と感じさせる生徒がほんとに少なくなった。学力優秀な生徒の割合の減少には、ほんとうに強く危機感を抱いている。


 レベル差がつきやすい数学では特に顕著だ。中2数学連立方程式の文章題の例。

2%の食塩水と5%の食塩水を混ぜて、4%の食塩水を300g作りたい。2種類の食塩水を何gずつ混ぜればよいか求めなさい。


x+y=300
x・2/100+y・5/100=300・4/100

〈答えは2%の食塩水100g,5%の食塩水200g。式はブログの都合上数学記号など表すの大変なので、ちょっとわかりづらく申し訳ない。・はかけざんのこと。〉

 はっきりいって、これぐらいの問題は濃度の概念がわかっていなくても、式がワンパターンしかないので、暗記していれば深く考えずに式を立てることができる。今のゆとり教育のカリキュラムでは、やったとしてもこんなレベル。成績上位といわれる子であっても、これ以上のレベルの問題はおそらくやらないだろう。教科書にも載ってないし…。



 昔の成績上位の子たちはこれぐらいの問題をやっていた。

濃度の異なる300gの食塩水Aと200gの食塩水Bとがある。この食塩水A,Bをすべて混ぜたら、食塩水Aより2%低い濃度の食塩水ができた。その混ぜ合わせたものに、さらに水を500g入れて混ぜたら、食塩水Bと同じ濃度になった。食塩水A,Bの濃度はそれぞれ何%か求めなさい。


(3x+2y)/500=(x-2)/100
(3x+2y)/1000=y/100

〈別の式でも解ける。答えは食塩水Aは8%,Bは3%〉

 成績上位といわれる子たちであっても、今の中学生には解けないだろうな~。というより、問題文の意味わかるのか?

 
 これはほんの一例にすぎない。このような難易度の高い問題を扱わないのだから、今のこの状況は当然といえるであろう。




 秋田県公立トップ校のボーダーラインは5~6年前と比べて、50点近くさがっているというのが現実だ。これは試験問題が極端に難しくなったということではない。十分な点数を取れた受験生が人数的に少なかったから、必然的にボーダーが下がってしまったのだ。
 これは明らかに学力優秀者の割合が減ってしまっているということを意味している。
 
 今のゆとり教育では、成績上位者の貴重な芽を摘んでしまう状況をうみだしているといわざるをえない。日本の未来がますますもって心配である。

にほんブログ村 教育ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:学力低下 - ジャンル:学校・教育

学力低下の現実②
 今週うちの塾では中3年生を対象に、模擬試験を実施している。秋田県の高校入試と同じような傾向で作っているもので、目的としては今までやってきたことの確認と、わからないところの発見などといったことである。さらに、入試に備えて問題の傾向に慣れてもらおうという意味もあり、年に数回おこなっているというわけだ。

 
 秋田県の公立高校入試の国語には作文が出題される。あるテーマについての自分の考えなどを200字程度で書くといった内容だ。配点は100点中12点となっている。

 
 ということで、当然、塾の模擬テストも同じ形で出題したわけなのだが…

 まあ、今回に限ってのことではないのだが、どうも最近の中学生の文章作成力、表現力のなさには本当にがっかりしてしまう。小学校低学年が書いたんじゃないかと思わせるような、何を言っているのか、わかんないような作文が目に付いてしまうのだ。

 
  今回の作文のテーマ
"古いものの良さと、新しいものの良さと、どちらをより大切にしたいか"について、立場を明確にし、その理由がよくわかるように体験や具体例を示して150字以上200字以内で自分の意見を書きなさい。

 
  これに対してある生徒の作文
 
 僕は、古いもののよさを大変にしたほうがいいと思います。
「大変?大切の書き間違いかよ?」

 理由は、新しいもののよさを大切にすることは簡単だけど、古いもののよさを大切にするのは難しからです。
「難しいだろ! "い" が抜けてるよ!」

 僕は、新しいものが出るとほしくなって、古いもののよさを忘れてしまうことがあったからです。
「文末の"からです"と主語の"僕は"が対応してないだろ!」

 だから僕は、古いものを大切にしていったほうがいいと思いました。(終わり)
「えっ、もう終わり?短いなあ~。書き出しはいつも "僕は" からなんだな。小学生の夏休みの日記じゃないんだから。どれだけ自分のこと好きなんだよ?それと具体例とかいれないと古いものを大切にするという理由が相手にうまく伝わんないだろ!それから書き終わったあと校正しろよ!一応自分で書いた文、読み直さねえか?」


 まあ、こんなツッコミどころ満載の作文のオンパレードなのだ。これでもまだましなほうなんだけど…

 計算力などといった目に付きやすい学力低下は、その都度なにかしらの対策はたてやすいとは思う。しかしこうした作文を書くなどといった力は、なかなかハッキリとは点数化されないので見落とされやすいのではと思う。こういったところにも学力低下の魔の手が忍び寄っているのである…

にほんブログ村 教育ブログへ 

テーマ:テスト - ジャンル:学校・教育

copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。