スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学生の計算力について
 子供たちの学力低下が叫ばれて久しいが、塾講師である私が、その中でも一番由々しき事態と感じていることについて述べさせてもらう。中学生なのだが、何年か前と比べると、確実に、計算問題を解く力が低下している。もっと詳しく言えば、ひっ算がいらないような簡単な計算で、瞬時に答えを出す暗算力といったものが著しく劣ってきていると感じられる。

 
 例えば一次方程式で 40X-17=26X+39 移項して 40X-26X=39+17
このとき "40-26=" "39+17=" をひっ算を使って出そうとする子が目についてしまうのだ。もちろんこのような子はそれほど多くはないが、やはりスピードといった点ではその時間的ロスは大きい。数学のテストなどでは、時間制限もあるのだから、こうした簡単な計算の暗算力がないとそれだけ不利になってしまう。

 それ以外にも三角形の内角の和が180°であることから残り一角を求める問題。式が "180-115=" これぐらいでひっ算を使われてしまうと、ちょっとがっかりしてしまう。(もちろん答えが合っていたときには「よく出来た!」と顔で笑って、心で泣いて…)

 あとよくびっくりするのは"152×10=" "2700÷100="という計算をひっ算でやろうとするとき。かえってひっ算の方が0の数ありすぎてややこしくないのか?ここまでくると10進法の概念が理解されているかどうか怪しくなってくる。これはいずれも中学生の話なのだ。

 中3年生は今ちょうど因数分解のところを学習し終わったあたりだと思う。
① 2+5X-14= (X+7)(X-2)  ② 2-10X-24= (X+2)(X-12) このようなやつ。
それにしても答えを出すのが遅い。瞬間的にパッと出ない。何年か前なんかは20問ぐらいの問題なんか数学苦手な子でも2分もあれば全部出来てたのに、根気や集中力が無いせいもあるけど、今は5分以上かかってしまう子も多い。

 これは、私に限らず、長いこと塾講師に従事している方や、もちろん学校の先生方などは痛切に感じていらっしゃることではないだろうか。

 
 計算問題を速く正確に解くには、反復練習以外の方法はないと思う。小学校の低学年時から、1日10問でもいいから毎日継続して計算練習をする習慣を身につけさせてもらいたい。小学生のお子さんをお持ちの保護者の方にお願いしたいことだ。学校の授業時間内だけでは絶対に足りない。100点満点取ってるから大丈夫ではなく、(小学校のテストはだれでも満点取れるように出来てるんで) 出来る問題も繰り返しやらせ、学校では取り扱わないかもしれない発展的な内容の計算なんかもチャレンジさせてほしい。
 
 
 これを書くにあたってあらためて知ったことだが、(うちの塾には小学生がいないもので) 今の小学生は3けたのかけ算とか、4けたのたし算とかは発展的内容になってるんで、特別時間がなければやらないんだということ。それ以外にもやらないらしい内容がいっぱいあった。
 そりゃあ、計算力は下がるわな!小学校のツケが中学校にというわけだ。そして高校、大学へと… 日本の未来はどうなる?
スポンサーサイト

テーマ:学力低下 - ジャンル:学校・教育

copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。