スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学校の教科書について④
 今年度中学校の教科書が改訂された。それにともない旧学習指導要領で学習されていたものが、ゆとり教育の見直しなどということから、いくつか発展的内容として新たに追加されることとなった。
 
 東京書籍の理科の教科書では
【発展】マークの付いているところは「学習指導要領に示されていない内容で、必要に応じて学習するものです。」という説明があった。

 
 発展的内容としてとりあげられたものをいくつか列挙してみた。

1分野
・重力と質量(月面上と地球上でのちがい)
・力の大きさとばねののび(比例のグラフ)
・2力の合力(作図)  ・水圧と浮力  ・密度の計算
・溶液の濃度  ・昇華(気体⇔固体)
・電力と電力量(ワット,ジュール)  ・直流と交流
・電流の流れと自由電子  ・陰極線  ・イオン(電離,電解質)
・落下運動  ・作用,反作用の法則  ・仕事とエネルギー

2分野
・種子をつくらない植物(シダ植物,コケ植物,藻類)
・心臓のつくり(心房,心室)  ・肺の動き方(ろっ骨,横隔膜)
・進化(水中から陸上へ)  ・無セキツイ動物
・日本の天気(天気図をもとに梅雨,台風,冬の天気をみる)
・遺伝の規則性(優性遺伝と劣性遺伝について)


 これらの発展的内容を学習するかどうかは、学校の状況にゆだねられている。ただ必修ではないので、高校入試に出題されることはない。学校の授業時間数も少ないことから、ほとんど取り扱われることはないと思う。


 学習内容が3割削減された前回の学習指導要領改訂時も、あまりの減少量にかなり驚き、そして子どもたちの学力低下への不安を感じた。
 今回こうしてもう一度振り返ってみると、わかってはいたことだが、本当にかなりの単元が削除されたんだなとあらためて驚いている。少し大げさかもしれないが、日本の将来は大丈夫かという気持ちになってくる。

 
「今の中学生はフレミングの左手の法則もやりません。電力発熱量を求めるワットやジュール,カロリーの計算もありません。仕事仕事率を求める問題もやりません。わかりづらかったイオンもありません。水の圧力浮力の問題もけっこう難しかったですよね。」
 中学校のとき理科で苦労した人なら、思い出していただけると思う。

 
 これらの発展的内容が、今年度、どのような取り扱われ方をするのか注意して見守っていきたい。



にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:学力低下 - ジャンル:学校・教育

copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。