スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成18年度秋田県高校入試「数学」
 平成18年度秋田県高校入試の数学の平均点は48.5点。これで3年連続5割をきっている。
 
 受験生たちの学力低下が原因であるのは明白なのだが、それに加え、問題の出題レベルが今の中学生たちの学力に合っていないような気がする。実際の問題をアップしたので、興味のある方は試しにどうぞ。

平成18年度秋田県高校入試「数学」5番の問題
 
 (1)(2)はなんとか解けそうだけど、(3)はやばいです。かなり難しい。私もけっこう正解するのに時間かかっちゃいました。(汗) 今の受験生が相似と円と三平方の定理をからめたこのような複雑な総合問題、はたして解けるのか?
 ちなみに(3)の答えは √3:1 


平成18年度秋田県高校入試「数学」6番Ⅲの問題
 
 う~ん。今の受験生にはちょっと厳しいのでは?でも4~5年ぐらい前の受験生で上位高校を狙ってる奴は、ばしばし解いてたけどね。
 
 今のゆとり教育が続く限り、いくら教育委員会が「これを県が求める学力モデルとして中学校の授業の大きな指針としてほしい」と叫んでも、また来年度も同じ結果に…なるだろうな。可愛そうなのは受験生!




スポンサーサイト

テーマ:高校受験 - ジャンル:学校・教育

copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。