スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲しい現実
 続きになっています。よろしければ前回の記事 「カメの歩みのようにおそい!」 もお読み下さい。

 
 この時期、学校の授業進度がちょ~う遅いというというわけなのだが、

「ん?塾なら別に学校関係ナシにどんどんすすめていっていいんじゃない?」
というご意見をもたれる保護者の方もいらっしゃるのではないだろうか。

「あてにならない学校なんか気にしないで、塾では決められたカリキュラムどおりやればいいじゃん。」
と思った方もいるであろう。


 塾としては、実は当然そうしたい。したい。絶対したい!

 
 教室を何箇所も展開しているような、全国規模のいわゆる有名"進学塾"さんならば可能であろう。こうした一部の"進学塾"では学校の授業進度よりかなり早めにすすめていることと思う。塾独自のカリキュラムでバンバン授業をおこなっているはずだ。
 まあ、というよりも、複数の異なった学校から来ている生徒が在籍しているだろうから、おそらく学校の授業の進度はバラバラのはずで、あわせたくともできないという事情もあるとは思うが。


 ただ、その地域に根ざした小規模のうちみたいな個人の"補習塾"のようなところでは、どうしても親の求めるニーズが違ってくる。どの保護者の方も最終目標は「高校合格」なのだろうが、しかしやはり目先の学校のテストの成績を、とりあえずは上げてほしいということがある。
 したがって学校のテストの対策をまずは一番重要視しなければならないのだ。学校の成績の上がり下がりでその塾の評価の一因ともなってしまうので、必然的に学校の授業内容にそった指導にならざるをえないのである。

 
 こちらはホント田舎なんでやはりまだまだ学校が隠然とした力をもっている。(都会がどうかは知りません。) 保護者の方々も、「学校の言うことやることにはさからえん。」みたいな雰囲気がある。「おっ、お代官様、へっへぇ~。」のような感じでみんなひれ伏してる。(ちょっとおおげさかも)
 どうしてもまずは学校優先という意識が強い。そういう地域性もあって、やはり塾内でいくらテストをやってそれでいい点数をとっても、それよりもまずは学校のテスト結果だというふうになっている。

 
 まあ、こういう事情などもあってこちらの地域は、まず学校ありき。親も生徒も学校第一。そして小さな塾はその学校の補助的役割に甘んじているという状況になっているのだ。

 
 こんなわけで田舎のここ秋田はゆる~い学校教育のもと、今日もドンドン教育レベルが下がり続けているのである。全国でもおそらく最下位を争うぐらいだと思う。悲しい現実だな、こりゃ。

  つづく


にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト
カメの歩みのようにおそい!
 昨年度中学校の教科書が改訂され、旧学習指導要領のもとでは学習されていた内容がいくつか発展的単元として復活した。

 詳しくはこちらをお読み下さい。
「中学校の教科書について③」  「中学校の教科書について④」
 
 ただ、発展的内容は必修ではない。学校の裁量や担当教師の考えで、その内容を取り扱うかどうするかということが決められているというわけだ。

 ということで実際、昨年度はどうだったかというと、必修でもない発展的内容を授業としてやっているところは皆無だった。少なくともわたしの知る限りでは。

 まあ、当然だろう。なにせ、決められた単元でさえ、最後まで終わらせることができないのだから。必修でもない発展的内容なんかまで踏み込んでやれる時間的余裕などあるはずがない。


 どういうことかというと、今、学校現場では、年度末の3月の終わりまでで、その学年の全単元を終わらせることができなかったという事例が数多くあるというのだ。
 仮に終わらせたとしても、最後の数週間の授業で風のようにあっという間に流していることもあるのだという。生徒が理解しているかどうかなんかも関係なく、消化しているにすぎないということみたいなのだ。

 4月5月くらいなら5~6時間かけて扱うような内容が、学年の終わりの時期だと、ほんとうにあっという間だ。まばたきもできない。わずか1時間で終了ということもあるらしい。
 これでは、単に形だけ終わらせたと言われても仕方ないであろう。

 まあ、これなど百歩譲ってまだましなほうで、開き直りなのかわかんないが、こんなことも…。
 結局終わらせることが出来なかった単元の分のプリントを渡して、「自分でやっておけ」という場合もあったそうである。

 
 詳しくはいつもお世話になっているお2人のサイトさんで。

「やっぱり?教科書終わらない」 〈pocohahaさんの記事です〉
「それで済むのね」 〈かしこセンセイの記事です〉

 
 それにしても、いったいどうなってるんだ?今、学校は。

 去年、高校の単位未履修問題があったが、これこそ大問題なのではないか?中学校は義務教育だよなあ、確か。


 まあ、新年度がはじまって2週間くらいたつが、例年通り、この時期は学校の授業進度は遅い。カメの歩みのようにおそい!しかも今だけでなく、ずっ~とおそい。へたすりゃ夏休み前くらいまでおそい。なにせこの時期は学校行事が目白押し。仕方ないんですかね。

 
 今年度も学校では、年度末の授業は風のようにあっという間に通り過ぎるのだろう。だったら今、この時期、もう少し、もうすこ~し速くすすみませんか?ウサギとまでは言わないから…。

 
 
 塾としては今年度は、あまり学校の授業進度にとらわれずやっていこうと考えている今日このごろである。


にほんブログ村 教育ブログへ


 次回へつづく  「悲しい現実」

学校の授業進度
 それにしてもこの時期は学校での行事が多すぎて、授業がほとんど進まない。新年度ってことで、やれ身体測定だ、歯科検診だ、生徒会任命式だ、交通安全教室だ、部活動説明会だ、など本当にいろんなのがある。
 
 そういうのがひととおり終われば、こちらの地域は4月下旬に部活の春季大会が…。これは土日に行われるんだけど、授業の一環なので振り替えで平日が休みになる。生徒にとっては大型連休前の小型連休?休みばっかりで学校ではまだ授業が進んでいないという。そしてゴールデンウイーク突入!でついに授業は全然進まなかった。
 
 こんな感じで、全部じゃないけど新学期始まってもう1ヶ月経つのに、まだ学校で授業進んでないっていうクラス・教科も多いんだよなあ~。困った、困った。
 さらに中3年生は今月中旬~下旬あたりに修学旅行があり、その準備のための話し合いとかでいろいろ授業がつぶれたりするらしい。

 ただびっくりなのは、修学旅行から帰ってきてすぐに中間テストが実施されるというスケジュールなんで、ちょっとどうしたものかと…。全然授業進んでいないような気がするんだけど…。

 行事があって授業が進まないのは仕方ない。でも、生徒にとっては年4回のうちの大切な1回のテストなのだから、内容のあるきちんとしたテストであってほしいなと強く感じている。授業がほとんど進まない中、テスト範囲の内容が極端に狭いテストで、ちゃんとした正しい評価ができるものなのか?
 
 この時期授業が進まなかったしわ寄せが、学年末の2月・3月にやってくる。毎年その悪循環の繰り返し。中2の学習内容全部終われなくて、中3に持ち越しちゃった学校もあるという事実も。(理科の中2「天気」の単元を中3でやってる…しかもまだほとんど進んでいない。涙)

 学校は年間の学習カリキュラムやテスト日程など、もっと今の状況にあうように柔軟に臨機応変に検討していただきたいと、ず~っと思っている。でも変わんないだろうなあ~。
 
 
 

テーマ: - ジャンル:学校・教育

copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。