スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地理の勉強
 サッカーワールドカップもいよいよ佳境にはいってきました。日本は残念ながら、グループリーグで敗退してしまいましたが、それにしても子供たちのこの大会への関心度はものすごく高いですね。普段ならサッカーはおろかスポーツにも興味を示さないような子でも、「○○国が優勝するぞ」とか「△△国の××選手はすごい」とかそういう話をよくしているのを耳にします。
 試合そのものも楽しむのはいいですが、中学生のお子さんをお持ちのお父さんお母さん、今こそ、子供に地理の勉強に興味をもってもらう最大最高のチャンスだと思うのです。

 地理の勉強は、ややもすれば、暗記の教科になりがちで興味のない人にとってはつまんないものかもしれません。ただ、こういう機会に世界のいろいろな国々について知ってもらい、興味をもってくれれば、地理の勉強も楽しくなるのではと思います。

 
 今の中学校の地理の教科書では、お父さんお母さんの世代のころと違って、世界の国々についてあまり詳しく学習しません。取り扱う国といえば、中国とアメリカとかそんなもん。昔みたいにアジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米など州ごとに詳しくやったりはしないのです。そのせいで、今の中学生、特に地理に興味を持っていない子の場合、「イギリスはどこ?」って聞いても、「わかんない」って言われることも多いです。そんなときは軽くめまいがします。今の地理学習のもとでは、イギリスとかフランスとかドイツとかここいらへんの有名な国の位置をわかっていない生徒がたくさんいるということなのです。

 
 せっかくのいい機会なのだから、サッカーのプレイだけでなく、子供たちに世界の国々に興味を持ってもらうように仕向けてみましょう。まずは、部屋の壁に世界地図を貼らせましょう。(今は安っぽいやつなら100円ショップでもありますよ。)「トリニタード・トバゴって国、どこにある?」調べさせましょう。地理学習は興味をもつことが大事。地理の楽しさを知ってもらいたいのです。

 
 お父さんお母さんが話題を提供すれば、いろんなことが学べると思います。例えば、日本とドイツの時差のちがいや、ドイツは日本と比べ高緯度にあるため、日没の時間が遅いから夜9時でもまだ明るいとか、歴史の勉強にもなるけど、ドイツは前は西ドイツと東ドイツに分かれていたんだよとか。お父さんお母さんたちには、ぜひともご家庭でこのような話を子供に投げかけて、一緒になってワールドカップを楽しんでもらいたいなと思います。

 
 スペインをどうして無敵艦隊って呼ぶのか、子供に自慢げに説明できたらカッコいいじゃないですか。子供にすぐ「勉強しなさい!」って言う前に、お父さんお母さんたちもほんのちょっと努力してほしいなって思ってしまいました。

にほんブログ村 教育ブログへ 
スポンサーサイト

テーマ:中学校 - ジャンル:学校・教育

copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。