スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カメの歩みのようにおそい!
 昨年度中学校の教科書が改訂され、旧学習指導要領のもとでは学習されていた内容がいくつか発展的単元として復活した。

 詳しくはこちらをお読み下さい。
「中学校の教科書について③」  「中学校の教科書について④」
 
 ただ、発展的内容は必修ではない。学校の裁量や担当教師の考えで、その内容を取り扱うかどうするかということが決められているというわけだ。

 ということで実際、昨年度はどうだったかというと、必修でもない発展的内容を授業としてやっているところは皆無だった。少なくともわたしの知る限りでは。

 まあ、当然だろう。なにせ、決められた単元でさえ、最後まで終わらせることができないのだから。必修でもない発展的内容なんかまで踏み込んでやれる時間的余裕などあるはずがない。


 どういうことかというと、今、学校現場では、年度末の3月の終わりまでで、その学年の全単元を終わらせることができなかったという事例が数多くあるというのだ。
 仮に終わらせたとしても、最後の数週間の授業で風のようにあっという間に流していることもあるのだという。生徒が理解しているかどうかなんかも関係なく、消化しているにすぎないということみたいなのだ。

 4月5月くらいなら5~6時間かけて扱うような内容が、学年の終わりの時期だと、ほんとうにあっという間だ。まばたきもできない。わずか1時間で終了ということもあるらしい。
 これでは、単に形だけ終わらせたと言われても仕方ないであろう。

 まあ、これなど百歩譲ってまだましなほうで、開き直りなのかわかんないが、こんなことも…。
 結局終わらせることが出来なかった単元の分のプリントを渡して、「自分でやっておけ」という場合もあったそうである。

 
 詳しくはいつもお世話になっているお2人のサイトさんで。

「やっぱり?教科書終わらない」 〈pocohahaさんの記事です〉
「それで済むのね」 〈かしこセンセイの記事です〉

 
 それにしても、いったいどうなってるんだ?今、学校は。

 去年、高校の単位未履修問題があったが、これこそ大問題なのではないか?中学校は義務教育だよなあ、確か。


 まあ、新年度がはじまって2週間くらいたつが、例年通り、この時期は学校の授業進度は遅い。カメの歩みのようにおそい!しかも今だけでなく、ずっ~とおそい。へたすりゃ夏休み前くらいまでおそい。なにせこの時期は学校行事が目白押し。仕方ないんですかね。

 
 今年度も学校では、年度末の授業は風のようにあっという間に通り過ぎるのだろう。だったら今、この時期、もう少し、もうすこ~し速くすすみませんか?ウサギとまでは言わないから…。

 
 
 塾としては今年度は、あまり学校の授業進度にとらわれずやっていこうと考えている今日このごろである。


にほんブログ村 教育ブログへ


 次回へつづく  「悲しい現実」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も学校の進度の遅さはあまり考えずに意識して飛ばして行くことにしました。
生徒自身も授業の遅さに苛立ちを訴える始末ですし、はやく進んだ方が嬉しいみたい。
ついでに授業を遅れさせるクラスメートには嫌悪感すら抱いています。教室内格差意識は将来の本格的な能力格差社会時代の到来を予兆していますね。
2007/04/18 (水) | URL | みけ #-[ 編集]
あらら、うっかり、「教科書最後までやったよ」という息子たちの言葉を信用してしまいました。
「最後までやった」だけなら、いっそ、プリント渡して、「やってない」と言ってくれたほうが、子も親も、危機感をもって取り組めますのに・・・・。
2007/04/18 (水) | URL | かぼぴ #VFkxEMUo[ 編集]
カメはウサギに勝ったけど・・?!
どこも同じなんですね?!

英語も後ろに資料や読み物がついて、
「おもしろくなったなぁ~」と、思いきや、
最後のLetsReadすら授業でやらなかったそうです。

塾では、2年生などは、星新一のショートだったから、
ユニットよりも子供たちの食いつきは良かったのに・・・

「新しい文法はないから、自分で読んでおけ~」
といわれても、上位の子だけで、我塾には自ら読もうなんて子はいませんでしたが、
いざいっしょに読んでみると、ユニット本文より面白いと・・・

こういうところから、英語を少しでも好きになって、
勉強する姿勢が生まれると思うんだけどなぁ・・・
もったいない・・・・

2007/04/19 (木) | URL | meimei #-[ 編集]
みけせんせい、いつもどうも。
うちは昨年度までは、なんとかできるだけ学校の授業進度にそってやっていたんですが、入試の傾向をみると、そんなゆっくりはできないなということで、今年度は特に中3は学校の授業進度に関係なく、どんどんやっちゃうことにしました。


かぼぴさん、おひさしぶりです。
あの~、すべての学校の授業進度がおそいわけでもないわけで…。
もしかしたらかぼぴさんのところはしっかり終わっていたかもしれません。
ただ、何年か前と比べてホントに多くなってきているんです。最後まで終わっていないということが。


meimeiさん、毎度どうも。
英語の「Can Anyone Hear Me?」のところですね。
なかなかおもしろいですよね。
こちらのある学校では、この中2の最後の単元を、中3になってからやっています…。
まあ、省略しないだけましか。
でも、学年末にしわ寄せがきちゃうでしょうね。(涙)

それと、せっかくコメントいただいたのですが、なんかこのブログに使えない文字があるみたいで。
meimeiさんの表示が変になってしまいましたので、こちらで勝手に一部meimeiさんのコメントを編集させていただきました。
たいへんもうしわけありません。
今後ともよろしくお願いします。



2007/04/19 (木) | URL | sirius21 #-[ 編集]
う゛。耳が痛い・・・
昨年度末、比較のプログラムを6時間、読み物を2.5時間で終えてしまった非常勤です。

いやいや年間授業時数105時間なんて届きも
しませんでした。
もっとしっかり教えてあげたい!!と学校では思います。

ところで英語の年間時数105時間(週3時間)は
厳しいです。
2007/04/19 (木) | URL | Meg #FXbBe/Mw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。