スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学力低下の現実③
 前回、前々回と学力低下についての記事を書いた。これは学力的に真ん中より下の子のほうの様子を見て、計算力や読解力が著しく劣っているという子どもたちが、ここ数年特に増えているという例をあげたものである。
 しかし今私が一番重大な問題であると気にかけているのは、もっと別のところにあるのである。  

 
 現行のゆとり教育は、学力的に下の生徒ができるだけ遅れないようなカリキュラムになっている。成績のいい子や理解度の速い子やもっと学びたいという子には、十分な対応がされているとはいえない。
 もちろん教科書には発展的内容があるのだが、必修ではないので学校の裁量に任されている状態だ。人間は本来ラクをしたい生き物だから、高校入試に出題されないとわかっている内容を、今の打算的な子どもたちが自らすすんでやるとは思えない。

 成績上位の子たちへのフォローがきちんとされてないから、それ以上新しいことを学ぶことをやめてしまって、さらに次のステップに上ろうという意欲が失われているのだ。現状ですでに妥協してしまっている、成績のイイ子がなんと多いことか。
 
 ここ数年「この子できるな。」と感じさせる生徒がほんとに少なくなった。学力優秀な生徒の割合の減少には、ほんとうに強く危機感を抱いている。


 レベル差がつきやすい数学では特に顕著だ。中2数学連立方程式の文章題の例。

2%の食塩水と5%の食塩水を混ぜて、4%の食塩水を300g作りたい。2種類の食塩水を何gずつ混ぜればよいか求めなさい。


x+y=300
x・2/100+y・5/100=300・4/100

〈答えは2%の食塩水100g,5%の食塩水200g。式はブログの都合上数学記号など表すの大変なので、ちょっとわかりづらく申し訳ない。・はかけざんのこと。〉

 はっきりいって、これぐらいの問題は濃度の概念がわかっていなくても、式がワンパターンしかないので、暗記していれば深く考えずに式を立てることができる。今のゆとり教育のカリキュラムでは、やったとしてもこんなレベル。成績上位といわれる子であっても、これ以上のレベルの問題はおそらくやらないだろう。教科書にも載ってないし…。



 昔の成績上位の子たちはこれぐらいの問題をやっていた。

濃度の異なる300gの食塩水Aと200gの食塩水Bとがある。この食塩水A,Bをすべて混ぜたら、食塩水Aより2%低い濃度の食塩水ができた。その混ぜ合わせたものに、さらに水を500g入れて混ぜたら、食塩水Bと同じ濃度になった。食塩水A,Bの濃度はそれぞれ何%か求めなさい。


(3x+2y)/500=(x-2)/100
(3x+2y)/1000=y/100

〈別の式でも解ける。答えは食塩水Aは8%,Bは3%〉

 成績上位といわれる子たちであっても、今の中学生には解けないだろうな~。というより、問題文の意味わかるのか?

 
 これはほんの一例にすぎない。このような難易度の高い問題を扱わないのだから、今のこの状況は当然といえるであろう。




 秋田県公立トップ校のボーダーラインは5~6年前と比べて、50点近くさがっているというのが現実だ。これは試験問題が極端に難しくなったということではない。十分な点数を取れた受験生が人数的に少なかったから、必然的にボーダーが下がってしまったのだ。
 これは明らかに学力優秀者の割合が減ってしまっているということを意味している。
 
 今のゆとり教育では、成績上位者の貴重な芽を摘んでしまう状況をうみだしているといわざるをえない。日本の未来がますますもって心配である。

にほんブログ村 教育ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:学力低下 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
初めての中間テストで「学年1位でしたよ」と担任から伝えられて、息子は拍子抜け、私は逆に心配になりました。

中間テストは(中1最初だからでしょうが)内容的に驚くほど範囲も狭く練習問題のようなものばかりでしたから、毎日机に向かう息子は物足りなかったと正直に担任に答えていました。

おっしゃられる通り楽な方に流れるのが人間ですね。この事はよく子供にも
言い聞かせてきたつもりでしたが、この夏休み、また期末直前の今、息子は気休め程度にしか勉強しません。

わざわざ復習・試験勉強はしなくても点は取れると考えているからです。
それならもっと発展的な問題にトライしても良いでしょうが、やらないんですね。

これから切磋琢磨できる友達が見つかれば変わるかもしれませんが、早くも親は危険信号を感じています。

公立の進学校が軒並み独自問題で優秀な生徒を見つけようと躍起になるのも頷けます。
簡単な内容では実力を測りきれないですし、子供達の伸びる芽も摘んでしまっているいう事ですね。

2006/09/11 (月) | URL | pocohaha #RgX./Mr6[ 編集]
sirius21さん、はじめまして。

私のブログのほうにコメントをお寄せいただき、ありがとうございました。

私も、siriusさんのブログをいろいろ読ませていただき、大きな刺激になりました。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
2006/09/12 (火) | URL | 8gk #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
pocohahaさん、いつもどうも。
トラックバックもありがとうございま~す。

学年1番なんて、スゴイですね~。
でも、お母さんのご心配もわかります。

おそらく学校のテストが本人にとって簡単なんでしょうね。無理してがんばらなくても、という考えなのでしょう。
できる子にはもっと上を目指してほしいんだけど、その対応がなされていない、今のゆとり教育。本当に残念です。


8gkさん、こちらこそよろしくお願いします。
なにかご意見などありましたら、遠慮なくコメントお願いいたします。

2006/09/12 (火) | URL | sirius21 #-[ 編集]
2極分化
学力の2極分化が一番激しいのが数学ですね。我が娘も勉強嫌いなくせに、数学は好きです。なぜかと言うと、勉強しなくても、点取れるからです。

今回の試験も、117名中満点11人40点以上(50満点)51人と、半数以上が40点以上。
そんな簡単なテストなのに、9点以下が11人もいる。
他の教科では多少はあるにしても、
これほどの2極分化は見られません。

これは、いくらゆとり教育をしても、
無駄だと、いう証拠ではないでしょうか??

そして、我が塾には3年生になって、
その底辺の子達が、あわててやってくるのです。

学校教育の尻拭いを、塾がやらなきゃいけないのです・・ね。

すいません、こっそりリンクさせてもらいました。
訪問客の少ない、ひっそりとしたブログ(内容は過激?!)ですので、、、
人(´∇`;)
2006/09/13 (水) | URL | meimei #1JQD0tfs[ 編集]
わたしも2極分化を感じています
こんにちは。いつも読ませていただいています。

うちの娘は首都圏の小5ですが、小学校でもすでにもうその傾向があります。中学受験生にとっては拍子抜けするほどカンタンな学校の(特に算数の)テスト。いいえ、そうでない公立志向の家庭(うちのほうでは公文よりもチャレンジでお茶を濁している子が多い)の子たちは、100点満点で85点以上を取るのは当たり前です。自分の5年生時代と比べると、信じられないくらいカンタンなテストなんです。もっと、張り合いのある問題を1題くらい出せばよいのに……と思っています。

それなのに、50点以下がクラスに7-8人もいるんですよ。いいえそれどころか、5年生で九九が言えない子がどこのクラスに2-3人いる。算数は習熟度別授業も一応なされているというのに、この現状は一体どうなっているのでしょう……。
2006/09/13 (水) | URL | シホコ #-[ 編集]
meimeiさん、いつもありがとうございます。
リンク全然大丈夫ですよ。
また過激?な記事、読ませていただきにうかがいます。


シホコさん、はじめまして。
いつも読んでいただいているなんて、嬉しいお言葉を。ほんとうにありがとうございます。
うちの塾には小学生がいないもので、今の小学校の現状があまりわかりませんでした。また、貴重なお話し教えてください。
今後ともよろしくお願いします。

2006/09/14 (木) | URL | sirius21 #-[ 編集]
うちの子は・・・・
違った意味で、妥協しまくっています。
学校と自学のみで入試へ臨もうという無謀な(!?)考えですから~^^;
でも、やりたい事が見つかった以上、親は口をはさめません。いや、はさんだら、怒られます・・コワい!
娘もずっと、学年で20番以内だったから、親も夢をもってたんですけどね~
トホホ・・・
2006/09/15 (金) | URL | にこママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
息子pocoは明日から前期期末テストだっていうのに、昨日は放課後にまた友達を呼んでゲームしてるし・・・名探偵コナン見て、世界まる見え!も見て、NYテロ5年目の真実(2時間もの)まで見てTV三昧!!
2006/09/12(火) 21:01:26 | いずれ黎明の空の下 公立中から公立トップ校を目指して
copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。