スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親子での勉強の仕方
 もうすぐ、中学生にとっては、長い夏休みがやってくる。部活などをのぞけば、家庭で過ごされる時間が多くなるであろう。学校がないかわりに、家でその分の勉強をしなければならないのだが、なかなか自主的にやれる子は少ないのではないか。そのため、お父さん,お母さんがそばで、つきっきりで勉強を見たりする場面もでてくるであろう。
 
 お父さん,お母さんにとっては、子どもが簡単な問題でつまずいたり、同じ箇所でまちがえたり、覚えが悪かったりすると、自分の子どもだけに、イライラして怒ったりしてしまうときもあるかもしれない。さらにムキになって教えたくなるものだが、かえって逆効果になる場合もあるので、教え方には工夫が必要だと思う。

 
 親子で勉強するというと、すぐに思い浮かべる光景は、お父さんやお母さんが子どもに教えるというもの。しかし、ここでは発想を逆転させてみよう。すなわち、中学生のお子さんが先生に、お父さん,お母さんが生徒になることだ。

 例えば、数学の連立方程式の単元をやっているのならば、お子さんに次のような質問をすればよい。「連立方程式を習っているの?なつかしいわね。でも昔のことなので忘れてしまったわ。どのようにして解くのかちょっと教えてくれない。」というような話をする。それ以外の教科でもわからないことがあったら、どんどんお子さんに質問するようにすればよい。

 子どもにしてみれば、今までは一方的に教わることに慣れてしまっているので、最初は戸惑うかもしれない。
 しかし教えるということは、より深く理解していなければできないので、必死になって学ぼうとするはずだ。また、受け身ではなく自主的に物事に取り組むようになり、相手にわかってもらおうといろいろ工夫したりするであろう。

 
 すべての中学生にあてはまる方法ではないと思うが、子どもに教えることしか頭にない父母の方には、考え直すきっかけになるのではないか。ときに親が生徒の役を演じるというやり方も、いい作戦なのではないかと提案したいと思う。家で過ごす時間が多くなるこの夏休みだからこそ、このような親子での勉強の仕方、実践してみたらどうであろうか。

にほんブログ村 教育ブログへ 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
連日の猛暑でバテ気味で、コメントもさぼってました。スミマセン
生徒に教えるようにしむけるのはいいですね。
どうしても受身だけの授業だとマンネリ化するんです。
先生が書かれた内容とは少し異なりますが、コレ塾の授業のヒントになりそうです。
ありがとうございます。
2006/07/14 (金) | URL | エース塾長 #-[ 編集]
なるほど。。。。
何でもそやけど、逆の発想って・・・なかなかでけへんねんなぁ。。。
でも、理解出来てない子には、やっぱ教えるしか無いですよね???
あ・・・でも、子供がれをどこまで理解出来てるかが分かるかもしれませんね!!
2006/07/14 (金) | URL | 葉っぱ #-[ 編集]
いいですね~子どもが先生で親が生徒!
親のデキが悪くて子どもに叱られたりしてね(* ̄m ̄)
そんなのもまた楽しいんですよね♪
「とーちゃんかあちゃん頑張れ~」みたいな。
演じる、というのも大事ですね。
「へぇ、よー知っとるやん!スゴイなぁ!」なんて言われれば
子どもは調子に乗って、もっとスゴイと言わせようとするでしょうし。。。
先生の記事を読んでいて思い出しました。
前のダンナさんは高校生対象の塾をやってた(今もかな)のですが、
生徒に授業させてました。全部が全部じゃないけど・・・
2006/07/14 (金) | URL | ソープなかしこ #-[ 編集]
こんにちは。
今まで、おとうちゃんに聞けば何でも答えてくれる…、
というイメージできてたので、それをくつがえすのは…と思ってしまったのですが、
子供に教えて貰うというのは、
いいアイデアだなぁ~と思いましたので、
なんとか取り入れてみたいと思ってます…^^
いいヒントをありがとうございます…^^
2006/07/16 (日) | URL | ysy-k-tnf #-[ 編集]
こんにちわ☆
おー!まさに、今日、それをやっていました。(たまたま・・)
期末試験の数学のやり直しをしていました。
一緒に考えて、やっとわかったら、
「お母さん、生徒になるけん、教えてみて」というと、
一生懸命言葉を選んで必死に教えてました(笑)
私が、音楽教師をしていて、自分が理解してないと、教えられないので、教える事ができれば、自分が本当に理解しているかどうかがわかるかな~?と思ったので・・・。
先生のブログ、毎日うかがうことにしますっ!
2006/07/16 (日) | URL | にこママ #-[ 編集]
上原先生、お疲れ様です。
生徒たちに、前に出させて説明させたりすると、けっこう盛り上がりますよね。いろいろ工夫してがんばっていきましょう。

葉っぱさん、こんにちは。
お子さんが、得意なのってないですか?
理科とか社会とか、なんでもいいんですよ。
自信をつけさせるってのが大事だと思うんで。
「すごい、すごい。」ってほめてやれば、どんどん頑張っていくんじゃないかな。

かしこ先生、どうも。
昨今の親子関係のもつれからの重大な事件に、とても心を痛めている一人です。
親子でのコミュニケーションを増やしてほしいな、という気持ちもあり、このような記事になりました。


2006/07/16 (日) | URL | sirius21 #-[ 編集]
vsv-k-tnfさん、こんにちは。
なんか、役にたったみたいでうれしいです。
がんばりますので、またよろしくお願いします。


にこママさん、はじめまして。
「毎日うかがいます」だなんてうれしいことを。
えっと、毎日、更新はちょっと…(汗)
週2、ぐらいになるかと思いますが、今後ともごひいきに。
2006/07/17 (月) | URL | sirius21 #-[ 編集]
初めまして
感情的になるので 勉強は他人に任せるに限ります(^^;

と 思っていたら すぐに 娘のレベルについていけなくなりました

もう国語以外 私には 聞いてきません><

旦那には 国語以外を聞いていますが なんか うらやましいです

そして・・・しばらくすると「それが 人に物を聞く態度か!!」と 娘を叱る声・・@@;

いったい どんな態度で質問しているのか・・・・と リビングから心配しています
たぶん・・「もういいっ わかった」と言う娘に まだまだ 語りたい父がいるのだと思いますが・・

これが 現在高3の娘を持つ我が家の実情であります
2006/07/24 (月) | URL | ちぃ2号 #-[ 編集]
はじめまして。
日本にいる間 塾の講師としてバイトしてたんですけど、(所詮バイトですが…)やっぱり教えるのは難しいですよね。
でもその分、教える側になった時に得る物とか、理解が深まったりとかするコトって、多いんでこの方法は良いかも知れませんね。
日本に戻った時の為にちょくちょく覗かせて下さい。
2006/07/26 (水) | URL | チヤルカ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 学力低下 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。